舞台俳優のギャラは安すぎる【収入を補うための副業教えます】

f:id:kib3000:20190205215138p:image

「舞台のギャラってどれくらいもらえるんだろう?」

「舞台だけじゃ食えない。アルバイトはしたくないけどなんか良い稼ぎ方教えてほしい、、」

今回はこんな悩みをお持ちの方におすすめの記事です。

➡今回の記事内容

①舞台俳優のギャラは安すぎる【ステージ単価を上げよう】

②舞台のギャラだけで暮らせなくてもアルバイトはおすすめしません

上記2本立てでお送りします。

この記事を書いている僕は、約6年間舞台を中心に役者として活動していました。

小劇場から1,000人規模の舞台まで出演してきましたので、ギャラについての知識はある程度ある方だと思います。

また、舞台俳優をやっている方にアルバイト以外の稼ぎ方も紹介しますので是非興味がある方は実行してみてください。

 

舞台俳優のギャラは安すぎる【ステージ単価を上げよう】

f:id:kib3000:20190205215413p:image

僕の経験からいうと舞台出演時のギャラはとても安いです。

ギャラの計算式

ギャラの計算式は以下の通り。

ステージ数×ステージ単価+(物販売り上げ)=ギャラ

基本的には公演数に応じて舞台出演のギャラが決まります。

物販売り上げは役付きで舞台に出演するとブロマイドなどを販売する場合があるので最初のうちは考えなくてもOKです。

ギャラをたくさん貰いたいのであれば、ステージ単価(自分の役者としての価値)をあげられるように頑張りましょう。

小劇場にはノルマという闇がある

小劇場の舞台に出演する際はかなり注意してください。

人気の劇団ではない限り、小劇場の出演には必ずノルマがついてまわります。

要するに『出演できるけど最低20枚はチケット売ってね』ということです。

チケットが1枚3000円であれば60000円分の営業をかけないといけないわけです。

しかもギャラが貰えるのは21枚目を売ってからになる場合がほとんどですので、売り切れなかったら最悪チケット代を自分で負担しないといけなくなります。

チケットノルマ問題については下記記事で詳しく解説しています。

>>劇団のチケットノルマに苦しまない為に【効率的なさばき方を伝授】 - てぃだろぐ

主催の規模が大きいとギャラもたくさんもらえる

対照的に舞台を主催する側の規模が大きくなると貰えるギャラも増えます。ノルマもない場合が多いです。

僕が1500人キャパのそこそこ大きい舞台にアンサンブルとして出演した時のギャラは、だいたい1ステージ15000円前後でした。

役付きになるともっと貰えますね。

もちろんノルマも無く負担する費用とすれば交通費と食事代くらいで、特にお金の心配もなく舞台に打ち込むことができます。

1000人以上のキャパの舞台に立て続けに出られるようになれば、そこそこ役者としては充実した日々になりますね。

 

舞台のギャラだけで暮らせなくてもアルバイトはおすすめしません

f:id:kib3000:20190205215503p:image

とはいっても、舞台のギャラだけで生活できるようになるまでは、かなりの努力と運が必要になります。

ただ、アルバイトばかりやってると自分の役者としての時間が無くなります。

そこで、アルバイト以外で収入を得るための方法をご紹介します。

なぜアルバイトは良くないのか?

役者をやってる人=アルバイトで下積

みたいなイメージってありますよね。正直僕も役者をやりながらアルバイトをしていました。

でも、アルバイトってお金は頑張り次第で稼げるけどかなりの時間を無駄にしているんですよね。

もし今飲食店や、夜勤のアルバイトをしてる役者の方はできるだけ他の方法で給料を稼ぐようにシフトした方が良いです。

アルバイトばかりやってると、だんだん役者として売れてやるぞ!って気持ちが無くなってとりあえずフリーターとして一旦頑張ろうみたいになってしまいます。

アルバイトをやるのであれば、舞台に関係ある仕事や、即日マッチング系のアルバイトがおすすめです。

おすすめの即日バイトサービス

ショットワークス ※高時給・案件豊富

プチジョブ

短期で稼いで演技の勉強したほうが成長できますよ。

ブログ(アフィリエイト広告)

ブログを書いて収入を得る方法も実はあります。

アフィリエイト広告を利用すると頑張れば毎月暮らしていけるくらいのお金を稼ぐことができます。

「アフィリエイトってなんか聞いたことあるけど、怪しそう」

と感じる方もいるかもしれませんが、アフィリエイトは楽天やamazonも取り入れているれっきとした広告サービスですので安心してください。

自分のブログで物やサービスを紹介して売れたら報酬をもらう事ができます。

 

※ブロガー界ではかなり有名なマナブさんのツイートが大変参考になります。

軌道にのるまで時間はかかりますが、うまくいけば働かなくても収入が入ってくるので集中して舞台にとりくむ事ができるようになります。

おすすめのアフィリエイトASP

A8.net  ※紹介案件数No.1で初心者向け

バリューコマース 

YouTube広告

アルバイト以外で収入を得るのであればYouTubeを使って稼ぐのもありだと思います。

とはいえごめんなさい、、

僕はYouTubeを実際にやったことが無いのであくまで聞いた情報となります。

結論、YouTubeってまだまだ稼ぎやすいプラットフォームみたいですね。

仕組みとしては、動画再生前に広告が流れると報酬がもらえます。

※チャンネル登録者1000人以上必須

だいたい3万〜5万人くらいのチャンネル登録者を獲得できて、それなりに再生されればアルバイト代くらいは稼げるそうです。

別に顔出ししなくてもコンテンツを作る方法はたくさんあるので是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

まとめ:舞台のギャラは上げるにはとにかく時間を作ろう

f:id:kib3000:20190205215654p:image

最後に今回の記事内容をまとめます。

  • ステージ数×ステージ単価+(物販売り上げ)=ギャラ
  • 小劇場のノルマに注意!
  • アルバイト以外で稼げれば舞台に打ち込む時間が増える
  • アフィリエイト広告やYouTubeがおすすめ

以上です。

現状舞台のギャラはかなり安いです。

それでも舞台が好きで演じることが大好きな人は頑張ってステージ単価をあげましょう。

その為には、たくさんの努力と運が必要になりますが、できるだけ舞台に打ち込む時間を増やしていきましょう。

間違ってもアルバイトばっかりの生活にはなってはいけません!

 

今回は以上です。