2019年 土壌菌サプリおすすめ3選【腸内細菌のバランスが大事】

f:id:kib3000:20190209182505p:image

「腸活で土壌菌サプリが注目されているみたいだけど、どんな役割を持っているの?」

「腸活サプリもいろいろあるけど、おすすめのサプリが知りたい」

今回はこんな疑問にお答えします。

➡今回の記事内容

①土壌菌とは【腸内細菌にかかせない細菌】

②土壌菌サプリおすすめ3選【腸内細菌のバランスが大事】

最近テレビでやっていたのが、健康を保つには腸をどれだけ健康に保てるかがカギとなるみたいです。

腸内には600兆~1000兆個の細菌が住んでいて重さにするとなんと1kgを超えるそうです。

土壌菌も腸内細菌の一つで、最近腸活を行うにあたって非常に重要な役割を持つ細菌ということがわかりました。

土壌菌の研究をしている先生でいうと、藤田紘一郎先生という方が一番有名で最近テレビ出演や本を出したりもしています。

というわけで今回は土壌菌の役割などを紐解きながら、おすすめのサプリをご紹介します。

 

土壌菌とは【腸内細菌にかかせない細菌】

f:id:kib3000:20190209182645p:image

それではまず「土壌菌」について解説していきます。

枯れた植物や動物の死骸を分解する役割を持つ

土壌菌は土の中で生息している菌や微生物のことを指していて、土の中だけではなく、目に見えない程の粒子として空気中に浮遊しています。

身近なところだと納豆などの発酵食品にも含まれている菌です。

枯れてしまった植物や動物の死骸など分解する役割を持っています。

しかもただ分解するだけではなく、ミネラルを作ることができるのです。

ミネラルは植物が成長するうえで必要な成分で、より美しい花を咲かせたり美味し作物を育てることにもつながります。さらに土壌菌によって作られたミネラルはキレート加工されるため、植物への吸収率がグッと高まります。

※キレート加工とは→ミネラルを特定のアミノ酸でコーティングすることです。

ヒトの体にとっても同じことが言える

食物の世界では「作物の成長を支える」重要な役割を持つ土壌菌ですが、これは人間の健康にあたっても同じようなことが言えます。

植物の根っこ=腸

土壌菌=腸内細菌

とイメージしてもらえると分かりやすいです。

ヒトの体に土壌菌を摂取することで以下の4つの成分を分解することができます。

  • タンパク質
  • でんぷん
  • 油脂
  • セルロース(食物繊維)

4つの成分を分解することで、アミノ酸やビタミン、ミネラルを体内に作りだします。

アミノ酸はエネルギー源に、ビタミン・ミネラルは健康維持として重要な役割を持っています。

逆に土壌菌を摂取しないと生きていく上で大切な栄養成分を効率良く生み出すことができず、どんどん不健康になっていくことも考えられるのです。

腸内細菌のバランスを整える役目

さらに土壌菌には腸内細菌のバランスを整える役割もあります。

「腸内細菌のバランス????」と言われてもよくわからない方のために簡単に解説します。

腸内にはたくさんの細菌が住んでいますが、大きく分けて3種類の細菌に分けることができます。

  1. 善玉菌
  2. 悪玉菌
  3. 日和見菌

善玉菌

善玉菌は体にとって良い働きをする腸内細菌です。

代表的な菌でいうと、『ビフィズス菌』や『乳酸菌』が有名です。

オリゴ糖などをエサに増えるのが善玉菌で、ビタミンを合成したり、消化吸収のサポートを行ってくれるなど、善玉菌は人の体には無くてなはならい存在です。

悪玉菌

悪玉菌は体にとって良くない働きをする腸内細菌です。

代表的な菌でいうと『ブドウ菌』や『ウェルシュ菌』が有名です。

肉類のタンパク質やアミノ酸を好物としていて、腸内を腐らせたり、発がん物質を作ったりする非常に悪い菌です。

日和見菌

日和見菌は善玉菌と悪玉菌の中立の立場にいる腸内細菌です。

代表的なのが今回紹介している土壌菌が有名です。

日々健康でいる分には腸内細菌の中でもおとなしくしている土壌菌ですが、風邪などを引いて悪玉菌が増えると、土壌菌は悪玉菌の味方をしてしまいます。

善玉菌が多すぎても、悪玉菌が多すぎても体にとっては良くないので日和見菌が腸内細菌のバランスを取る役割を担っています

 

腸内細菌の比率は、

2(善玉菌):1(悪玉菌):7(日和見菌)

が人間にとって一番良いバランスといわれています。

日々生活するうえで、ストレスや偏食などで腸内細菌のバランスは崩れがちなので、崩れてしまったバランスを整えているのが土壌菌(日和見菌)なのです。

 

土壌菌サプリおすすめ3選【腸内細菌のバランスが大事】

f:id:kib3000:20190209182701p:image

土壌菌の役割については理解できましたでしょうか?

腸内細菌のバランスが崩れると、便秘や肌荒れ、むくみなどの症状を引き起こす原因となるため、非常に細かい健康管理が必要となるのです。

もちろん日々の食事でも土壌菌を摂取することは可能ですが、いちから全部管理するとなると大変なので、今回は土壌菌サプリを使って腸内細菌のバランスを整えていきましょう。

おなか畑 ★★★

f:id:kib3000:20190209163336j:plain

※画像は公式サイトより

土壌菌サプリの中で一番のおすすめは『おなか畑』です。
日和見菌に良い働きをしてもらうためには、土壌菌だけではなくあらゆ菌をバランス良く摂取することが必要です。

おなか畑には多種多様な菌が含まれているので、より効率良く腸内細菌のバランスを整えることができるのです。また、日本国産の天然素材を使用して作られているため、安心して飲み続けることができます。

さらにおなか畑では、体内で生成することができない『必須アミノ酸』を9種類配合しています。必須アミノ酸は肌や髪の毛などに必要な成分で、より健康を維持するためのサポートをすることができます。

一粒で腸内環境を整えるだけではなく、健康面をトータル的にサポートしてくれるのがおなか畑ですので、非常に土壌菌サプリの中でもおすすめできます。

おなか畑販売サイト

楽天市場で買う

amazonで買う

公式サイトで買う ※セット買いなら10%オフです

マメビオ ★★

f:id:kib3000:20190209170112j:plain

※画像は公式サイトより


次におすすめの土壌菌サプリは『マメビオ』です。

マメビオはおなか畑と比べるとやや薬っぽいパッケージとなっています。

商品には『マメビオプラス』と『マメビオフローラル』の2種類があります。

マメビオプラスは土壌菌をバランス良く補給することができて、腸内細菌のバランスを整えます。

マメビオフローラルはさらに黒糖を加えており、ビタミン・ミネラルを一緒に摂取することができます。

おなか畑は一度で腸内細菌を整え、ビタミン・ミネラルを補給することができますが、マメビオはそれぞれの役割を分けて販売しているといったところです。

毎朝スッキリしない方、季節の変わり目に敏感な方、なんだか調子が悪いと感じている方にはおすすめの土壌菌サプリとなっています。

マメビオ販売サイト

楽天市場で買う

amazonで買う

公式サイトで買う

するりこ ★★

f:id:kib3000:20190209174929j:plain

※画像は公式サイトより

最後におすすめの土壌菌サプリは『するりこ』です。
するりこは競走馬からヒントを得て開発された土壌菌サプリで、もともとはサラブレッドの為に使用されていました。

もちろん人にあわせた形で開発され、枯葉菌や乳酸菌、ビフィズス菌など40種類以上の善玉菌を取り入れているサプリです。

材料には米ぬかが使われていて、取り入れた土壌菌をしっかりと腸まで届ける役割を果たしてくれます。

さらにもともと米ぬかは栄養価が高いので便秘改善や腸内環境を整えるという意味でも非常に効果的な土壌菌サプリとなっています。

するりこ販売サイト

楽天市場で買う

まとめ:腸内環境のバランスを整えて腸活を始めましょう!

f:id:kib3000:20190209182715p:image

最後に今回の記事内容をまとめます。

  • 土壌菌は腸内環境にはかかせない
  • 腸内細菌のバランスを保つのがとても重要
  • 手軽にバランスを管理するには土壌菌サプリが良い
  • おなか畑」が特におすすめのサプリ

以上です。

僕も土壌菌について調べてみて、こんなにも腸内細菌って奥が深いのかとびっくりしました。

腸を良くすることで、肌や髪を健康的に保つことができるので是非一度土壌菌サプリ試してみても良いかもですね。

いかに善玉菌と日和見菌を増やせるかが腸活では非常に重要ですので、藤田紘一郎先生の本などで腸活について勉強してみるのも面白いと思います。

僕自身ももっと腸活について勉強してみようかと思います!

今回は土壌菌サプリのおすすめについてでした。